矢沢永吉公式サイト

PROFILE

矢沢永吉|EIKICHI

矢沢永吉|EIKICHI YAZAWA

1949年9月14日 広島生まれ

  • 矢沢永吉 - EIKICHI YAZAWA|Facebook矢沢永吉 - @yazawas_door|Twitter矢沢永吉公式サイト 公式Instagram矢沢永吉 オフィシャルYoutube Channel

2000 - 2016

2016年は熊本県の市民会館崇城大学ホールを皮切りに全16公演、3年連続開催の「Z's TOUR 2016 -3rd CHALLENGE-」を行う。
そしてそのままの勢いで6月23日、鹿児島県の徳之島にて島民限定のフリーライヴを行い、島のオーディエンスを大いに沸かせた。
7月27日には膨大なライヴ音源の中から厳選された32曲を収録したアルバム「LIVE HISTORY 2000〜2015」をリリースした後「SWEET LOVE SHOWER 2016」「氣志團万博 2016」と2つの夏フェスに出演し、今なおパワーアップするパフォーマンスを見せつけた。
そして秋、11月19日の北海道からスタートしたアリーナ、武道館5daysを含めた全国ツアー「BUTCH!!」。さらにはX'masの12月24日、25日の2日間で自身3度目のディナーショー『EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2016「Dreamer」in GRAND HYATT TOKYO』を行い、2016年を締めくくった。

2015年4月12日、これまであまり披露してこなかった曲を選曲し「MANIAC NIGHT」を開催。同日、インターネットで配信を行った。
そして昨年に引き続き、バンドZ'sのツアー「Z's TOUR 2015」を5月8日から全14公演行う。
7月1日にはベストアルバムの第二弾「ALL TIME BEST ALBUM Ⅱ」を発売。

そして6年振りの東京ドーム公演「ROCK IN DOME 2015」を9月5日に開催、5万人が一夜限りのライヴに酔いしれた。
その東京ドーム公演を12月2日にBlu-ray、DVDで発売。オリコン週間総合DVDランキングで初登場首位を獲得(12月14日付)。自らが持っていた「DVD首位獲得最年長記録」を更新した。
2014年5月7日、未発売のライヴをDVD化した「TREASURE BOX」を発売。そして、バンドのメンバーをオーディションで選抜、バンド「Z's」を結成。デビューライヴとなる全国ツアー「Z’s START ON TOUR」を5月8日から全13公演行う。

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014(茨城)」「SUMMER SONIC 2014(大阪)」「SWEET LOVE SHOWER 2014(山梨)」などの夏フェスにも積極的に参加。極めつけは「TOKYO GIRLS COLLECTION ’14 A/W(埼玉)」にシークレットで出演、大きな話題を呼ぶ。
11月16日から全国ツアー「EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2014『VERY ROCKS 〜ROAD TO THE LEGEND〜』」を全国8カ所、全16公演を行い、日本武道館公演回数も132回として最多記録を更新。
自身2年目となるディナーショー「EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2014『Dreamer』in GRAND HYATT TOKYO」を12月20日、21日に行った。
2013年5月15日、自身初となるオールタイムベスト「ALL TIME BEST ALBUM」をリリース、オリコンウィークリーチャート1位を獲得。6月10日にはベストアルバム発売記念のスペシャルライヴを、YAZAWA CLUB会員限定で生配信。
11月16日からはEIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2013「ALL TIME HISTORY -A DAY-」を全国8カ所14公演で行った。

矢沢永吉|EIKICHI

12月24日、25日には初めてのディナーショーEIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 「Dreamer」in GRAND HYATT TOKYOを敢行した。
2012年にはデビュー40周年を迎え、8月1日に2年振りのオリジナルアルバム「Last Song」のリリース、9月1日に日産スタジアムでの40周年ライヴ「EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE『BLUE SKY』」の開催、合わせて11月7日に同ライヴのDVDの発売、全国16箇所22公演「EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR『JAMMIN' ALL NIGHT』」を敢行した。
2011年4月13日にDVD『THE LIVE HOUSE ROOTS in Zepp Tokyo』、『New Standard ~Blue Note Style~』を同時発売。7月には2005年発表のアルバムを自らの手で生まれ変わらせた『ONLY ONE ~touch up~』を発売した。続けて8月にはオフィシャルショップDIAMOND MOONで収録された、DVD『EIKICHI YAZAWA ONLY ONE ~touch up~ SPECIAL LIVE in DIAMOND MOON』を発売。オリコンDVD音楽部門ウィークリーチャート第1位・DVD総合ウィークリーチャート第3位を獲得し、自身の持つ最高位を更新した。
11月17日からコンサート・ツアー"EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2011 STILL ROCKIN' ~走り抜けて・・・~"をスタート!日本武道館5daysを含む全国11箇所18公演。
2010年6月9日、前作発売から約10ヶ月。早くもオリジナルアルバム「TWIST」を発売。

東京大学五月祭にシークレットで出演し、記録的な猛暑の中、5ヵ所のROCK FESTIVALにも出演。秋には武道館5daysを含む全国23箇所30公演EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2010“TWIST”を敢行。
2009年、始動開始第一弾として、自社レーベルGARURU RECORDS(ガルル・レコード)より4年ぶりとなるオリジナルシングル「Loser」を発売。第二弾シングル「コバルトの空」、8月には待望のオリジナルアルバム「ROCK'N'ROLL」を発売した。ap bank fes '09のシークレットゲストや、自身初めてのインストアライヴ、 ROCK IN JAPAN、LIVE for LOVE We support WaterAidなどのイベントにも多数出演。
60歳記念ライヴ“ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME”を敢行し、5万人を圧倒。

12月に発売した、LIVE DVD「ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME」は、オリコンDVDミュージック部門で初登場1位を獲得。 自身が持っている最年長首位獲得記録を更新した。同年、武道館5daysを含む21箇所29公演EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2009 “ROCK'N'ROLL”を敢行。 大晦日には「第60回 紅白歌合戦」にシークレットで出演し、話題を呼んだ。2008年には、デビュー以来、欠かさずライヴツアーを行ってきた矢沢が、37年目で初、ステージに立たないことを決意。“少しじっくり距離を置いて考える”というコメントを発表した。

2007年に前人未到の武道館100公演目を含む30箇所40公演「THE REAL」ツアーを敢行。2000年代に入ってからは、新たな試みとしての矢沢流アコースティック・ライヴ YAZAWA CLASSIC~VOICE~を敢行。さらにロックとオペラを融合したROCK OPERAを完成させる。その一方、飛び入りライヴや、これまで封印していたROCK FESTIVALへの参加等、その活躍は益々多岐に渡ってきている。

1972 - 1999

1972年ロックンロールバンド「キャロル」のリーダーとしてデビュー。このバンドは約2年半の短い活動期間であったが、日本語ロックの走りとして、その後の日本のミュージシャンたちに与えた影響は計り知れないものがある。1975年春、日比谷野音で燃え盛る炎の中「キャロル」解散、この年の秋、早くも矢沢永吉はソロデビューを果たす。
1977年には、日本人ロックアーティストとして初の武道館公演、78年には後楽園球場公演と、快進撃を続けた矢沢は、自らの生きざまを語り下ろした著書「成りあがり」で、一大「矢沢ブーム」を作りあげた。

しかしブームに安住することがない矢沢は、1981年にはLAで全編英語詞によるアルバム「YAZAWA」を世界発売、翌年にはドゥービー・ブラザーズのメンバーをバックに従えた「来日公演」を実現させ、またもや人々をあっと言わせた。さらに1988年以降は、ロンドンのミュージシャンたちとのセッションも開始するなど、その飽くなき創作精神は止まるところを知らない。1997年には、ロンドンで行なわれた世界イベント「SONGS&VISIONS」にアジア代表として出演、ロッド・スチュアート、ジョン・ボンジョヴィらと同じステージに立ち、大いに話題を呼んだ。

DISCOGRAPHY
  • DIAMOND MOON ONLINE SHOP
  • 矢沢永吉 公式SHOP「DIAMOND MOON」
  • YAZAWA CARD
  • 矢沢永吉公式モバイルサイト
  • YAZAWA CLUB
  • STAFF REPORT